モチベーションが上がらない時に試してほしいこと

モチベーションが上がらない時に試してほしいこと

勉強していれば誰にだってモチベーションが上がらない時もありますよね。

仕事から疲れて帰宅した時とかは、特にやる気が起きません(笑)

しかし時間は待ってくれないのです!

そこで本節では、どうしてもやらなければならない皆さんに向けて、即効性の高いモチベーションアップ方法を紹介します!

セレン式TOEICメゾッド公式HP

最初の5分間だけ取り組む

めんどくさい、気の進まないことでも、やってみれば案外すんなり進んだという経験はないでしょうか。

それは「作業興奮」と呼ばれるもので、上手に使うことでモチベーションの管理は楽になります!

ちょっとやってみて、それでも気が進まなければ今日は辞めとこう…こんなふうに自分に甘い日があっても良いかもしれませんね。

また哲学の巨匠プラトンは「始めは全体の半ばである」という言葉を残しています。

この言葉の通り、やり始めるまでが一番大変、手をつけたらもう半分終わったも同然、といった認識も、重い腰を上げやすくすると思いますよ!

頑張っている自分に問いかけてみよう

今日は絶対に勉強したくない!そんな日もあるかと思います。

だったらいっそこのこと、その日は勉強を一旦置いておいて、以下ことを自分に問いかけてみてはいかがでしょうか。

・その勉強が好きでやっているか

・その知識の必要性を感じているか

・自分の成長を実感できているか

好きであれば、何も心配する必要はありません。言われなくても、努力せずとも継続できるものです。

特に大事なのは「必要性」です。

「英語を勉強しなければ会社をクビになる!」大げさかもしれませんが、これぐらいの急場や追い込まれた状況をイメージできれば、そう易々とノンビリできないでしょう(笑)

最後に成長の実感についてですが、これについては前ページで語った通りですね!

セレン式TOEICメソッドでは、一般的な学習方法よりもはるかに効率的なので、どんな人でも成長を実感できる環境だと思いますよ。

アプローチを変えて取り組んでみる

TOEICの勉強は、TOEIC教本でしかできないというわけではありません。

例えば洋画を楽しみながらリスニングを鍛えることもできますし、英語の小説を読むだけでも速読は鍛えられます。

根詰めて参考書とにらめっこしても、効率が維持できるわけではありませんので、自分なりの気分転換、味変、変化球などを模索してみるのも一案ですね!

セレン式TOEICメゾッド公式HP
TOPページを見る